キャリアコンサルタント 講師業 ミュージシャン 脱サラ 独身
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

絵に描いたような会社員だった私の履歴書

理系女子→MR→ミュージシャン→講師業を経てキャリアコンサルタントの謎人生。日常に起こる様々な出来事や疑問に思ったことなどを書いていきます。

社会人の勉強の大切さ

今日はとある新年会に参加してきました!

 

キャリアコンサルタントの資格を取得する際に一緒のクラスだった方達です。

 

年齢の違う集まりなのですが、分け隔てなく仲良く話しができる大切な仲間たちです。

今回は大人になってから勉強することについて考えていきたいと思います。

 

私自身、履歴書はとてもややこしくなっています。

なぜかと言いますと、四年制大学を卒業して一般企業に就職しました。

 

ここまでは絵に描いたような履歴書。

ストレートに高卒の年齢で大学に進学し、なんとか留年することなく、就活して一般企業に就職。

 

しかし、私はひょんなことがきっかけで一般企業を退職し、再び学生になります。

履歴書の職歴と学歴が混同します。

 

まぁ、この話はいつか書きましょう。

 

その中で学んだことがあります。

仕事をしていたとしても人間は常に勉強し続けなければならない生き物だということです。

世の中は目まぐるしく変化していきますから。

 

そうしないといざ会社に何かあった時に抜け殻のようになりそうだと思います。

 

そして、今回。

今回は働きながら資格学校に日曜日に通うという休みを返上して学習した(一時期ですが)仲間たちです。

ものすごい連帯感が生まれます。

ここで出会えた人たちは一生の宝だと思っているくらいです。

 

この気持ち忘れないようにしたいですね。